もっと快適!コンタクトレンズライフ

コンタクトが汚れるとこんなに大変!

涙に包まれているコンタクトレンズには、涙の中のタンパク質や脂質がどうしても付着してしまいます。
さらに、装用時に手を経由して微生物が、また、まつ毛についていたマスカラのような化粧品が付着することもあります。
このような汚れがついたままのレンズを使用していると、装用感が悪くなるばかりではなく、眼の健康にも悪影響を与える恐れがあります。
コンタクトレンズの汚れは、眼のトラブルの元となりやすいのです。

もし、汚れたままのコンタクトレンズを使い続けていたら、どうなってしまうのでしょうか?
レンズに繁殖した細菌は「細菌性角膜炎」などの角膜感染症の原因になることがあります。
特にソフトコンタクトレンズは水分を含んでいるために汚れを吸着しやすい性質があり、微生物に汚染されやすいのです。
だからこそ、眼を健康な状態に保つためには、日々のレンズ消毒を続けることがとても重要になります。

画像:コンタクトレンズの汚れ

▲コンタクトレンズの汚れ(社内資料)

このページの上へ