よくあるご質問

コンプリート リバイタレンズ®

日本で初めて2種類の消毒成分を配合した1本タイプのソフトコンタクトレンズ用消毒剤です。この2種類の消毒成分がH2O2(過酸化水素)のケア剤と同程度の高い消毒力を発揮すると同時に、ポロキサミンの配合でレンズのうるおい感が長時間持続する処方です。高いタンパク除去効果がありますので、酵素クリーナーを使用する必要はありません。
※当社比

ソフトコンタクトレンズ用消毒剤の消毒効果を評価するための国際的な標準試験方法「ISOスタンドアローン消毒試験」の第一基準に適合した消毒剤をMPDS(マルチパーパスディスインフェクティングソリューション)といいます。

日本で初めて消毒成分を2種類(塩化ポリドロニウムとアレキシジン塩酸塩)配合した処方を指します。
ISOスタンドアローン消毒試験の第一基準に適合する高い消毒効果を発揮します。

コンプリート リバイタンレンズ®には高いタンパク除去効果があり、レンズの浸漬中に、レンズに付着したタンパク汚れを除去する働きがありますので、酵素クリーナーを使用する必要はありません。ご不明な場合は、眼科医へご相談ください。

ソフトコンタクトレンズは素材の中に水分を含んでいますので、装用中に涙液に含まれるタンパク質や脂肪分、カルシウム等の汚れがレンズに付着します。これらの汚れをそのままにしておくと、装用感が悪くなるだけでなく、レンズの視力矯正力を低下させたり、細菌やカビなどの繁殖をまねき、眼の感染症を引き起こす場合があります。ソフトコンタクトレンズを安全に使用するためには、毎日の洗浄、すすぎ、消毒のケアを正しく行うことが必要です。

コンタクトレンズについた眼感染症の原因となる微生物や真菌、細菌等を無害化することです。

コンタクトレンズを装用していると、眼の外と内からさまざまな汚れや細菌等が付着します。
眼の外からの汚れとしては、ホコリや花粉、タバコの煙、カビ、細菌等、化粧品(ファンデーションやアイメイク)などがあります。一方、眼の内からの汚れには、涙液中に含まれるタンパク質や脂質、カルシウムなどがあります。

シリコーンハイドロゲル素材のソフトレンズを含むすべてのソフトコンタクトレンズ(グループⅠ~グループⅣ)に使用できます。但し、毎日のケアを必要としない1日使い捨てレンズは除きます。また、ハードコンタクトレンズには使用できません。

必ず指定された「こすり洗い」及び「すすぎ」を行ってください。正しく使用しないと、十分な洗浄・消毒効果が得られないことがあります。
「こすり洗い」及び「すすぎ」は、レンズの汚れだけでなく、細菌等も除去します。
装用する前にも、コンプリート リバイタレンズ®でレンズをすすぐことをおすすめします。

十分な消毒効果を得るために、使用方法どおり、必ず4時間以上浸漬してください。

他の製品から変更されても、レンズに影響を及ぼすことはありませんので、問題ありません。ただし、他のソフトコンタクトレンズ用消毒剤と併用したり、混ぜて使用しないでください

十分な消毒効果を発揮し、品質を保持するため、他の容器に入れかえたり、小分けにしたりしないでください。

開封後1ヵ月を目安にお使いください。開封1ヵ月を過ぎた時点から使えなくなるわけではありませんが、大切な目の安全を確保するために、開封後1ヵ月以内に使用することをおすすめします。

使用後は、キャップをしっかり締めて、直射日光を避け、室温で保管してください。

使用後の専用レンズケースは空にして本剤でよく洗った後、自然乾燥してください。
清潔なレンズケースを使用しないと細菌や真菌等が繁殖し、レンズに付着してしまう恐れがあり、眼感染症等のトラブルの原因となることがあります。

新しいパッケージを開封したら、そのたびに新しい専用レンズケースに交換してください。汚れが付着したり、長い間使い続けたレンズケースの内側には、目に見えない細菌が作る膜(バイオフィルム)が形成されることがあり、眼感染症等のトラブルの原因となることがあります。

このページの上へ